内科

内科についてInternal Medicine

当院では、総合診療の観点から診療を行います。仕事や社会的環境を加味しその人に適切と思われる治療方針を相談します。
生活習慣病、アレルギー疾患、呼吸器疾患、心疾患、消化器疾患など幅広い疾患を診療しています。
健診で異常を指摘された方は受診ください。原因を精査します。
よく説明できない症状がある、何科に相談したらいいのかわからない、などの症状の方も受診ください。検査、治療が必要か相談します。
重症度が高い状態、入院治療が必要な病態の場合は、早期に連携病院へ紹介の上、専門的な治療ができるようにします。

医師の問診風景イメージ

生活習慣病

生活習慣病は、不適切な食習慣や運動習慣により発症する病態です。
高血圧、脂質異常、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、慢性閉塞性肺疾患、アルコール性肝障害などの病気が生活習慣病にあたります。
体重増加や肥満が背景にあります。喫煙、アルコール、睡眠不足やストレスも発症や進行に関わります。
早期に発見、食事や運動などの生活習慣の見直し、継続的な予防活動が大切です。

消化器疾患

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、腹部膨満、慢性的な下痢、さまざまな程度の便秘、過敏性大腸症候群などの消化器疾患の診察、治療をします。
胆石発作、胆嚢炎、急性膵炎、大腸憩室炎、虫垂炎などは診断の上、重症度が高い場合は入院治療が必要になりますので連携病院に紹介し治療を行います。
消化管悪性腫瘍(食道がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆嚢がんなど)が心配な方は精査いたしますので、ご相談ください。

胃カメラ(上部消化管内視鏡)

ピロリ菌の検査希望、胃が痛い、胸焼けがひどい、胃癌かもしれない、バリウム検診で異常を指摘された、などのきっかけや症状から胃カメラを希望される方、ご相談ください。
細径の内視鏡で検査を行います。鼻からの検査を勧めています。鼻からできない方、口から検査を希望する方は口から行います。
検査にあたり必要な確認事項があります。一度診察を行った上で、日程を相談しています。
当院では、内視鏡ガイドラインに沿って洗浄・管理を行っています。