小児科

小児科についてPediatrics

当院では、かぜや胃腸炎などお子様によく起こる疾患の診察をします。
発熱・咳・鼻水・咽頭痛・嘔吐・下痢・発疹・痙攣などの急な症状がある場合受診ください。
症状に応じて、採血検査や感染症迅速検査などを行い、重症度判定や疾患鑑別を行います。
入院を必要とする病態の場合は、連携医療機関(栃木医療センター、済生会、獨協医大、自治医大)に紹介します。

小児科診察イメージ

小児アレルギー疾患

花粉症、食物アレルギー、喘息などのアレルギー疾患を診療します。

花粉症、食物アレルギーでは、アレルギー検査の結果も参考にして治療を相談します。舌下療法、必要によりエピペンの使用を行います。食物負荷試験など侵襲的な治療は連携病院に紹介して行います。
気管支喘息は発作を起こさない予防的な治療が大切です。内服、ステロイド吸入などの治療を行います。長く続く咳、朝夕に多い咳の中にはアレルギーによる咳が含まれます。必要に応じて呼気NO検査を行い、治療を相談いたします。
アレルギー性皮膚炎やよく起こる皮膚の症状にも対応します。専門的な皮膚科治療が必要な場合は皮膚科に紹介の上、治療を行います。

小児消化器疾患

長引く下痢や腹痛、便秘、過敏性大腸症候群などの消化器疾患を診療します。
便秘は専門的に治療を行います。治療しているけれどあまり良くならないなど長期に悩まれているお子様もご相談ください。